• 竜司 宇都宮

「高知から、世界で活躍する人財を」- Ryomafrogs活動開始のお知らせ

Ryomafrogs実行委員会は、⾼知県から世界で活躍する人財を輩出することを⽬的とし、地域の⾼校⽣・⼤学⽣がグローバルリーダーから学び、同世代と切磋琢磨しながら「社会課題×テクノロジー」をテーマに課題解決に取り組む人財育成プログラム「Ryomafrogs(龍馬フロッグス)」の実施に向けて活動を開始したことをご報告いたします。


Ryomafrogsとは


Ryomafrogsとは、⾼知県から世界で活躍する人財を輩出することを⽬的とし、地域の⾼校⽣・⼤学⽣がグローバルリーダーから学び、同世代と切磋琢磨しながら「社会課題×テクノロジー」をテーマに課題解決に取り組む人財育成プログラムです。家庭環境や⽣まれ育った場所に左右されず、⼦ども達が意思を持って⾃らの未来を切り拓き、世界で活躍⼈財へと⾶躍していく、その第⼀歩を地域の⼈や企業が⼀丸となって応援します。


幕末の変革期に、坂本龍馬をはじめとした土佐出身の若者が日本の変革をリードしたように、変化が激しく先の読めない現代社会において、Ryomafrogsの活動を通じて、高知から世界で活躍するリーダーを世に送り出していきます。


この取り組みは、10年前に沖縄で「Ryukyufrogs」としてスタートし、今では100名近いOBOGを輩出し、沖縄県を代表する人財育成の取り組みのひとつとなっており、frogsの輪が全国に広がっています。



なぜ、高知で開催するのか?


Ryomafrogsの活動は、子供たちの未来のための活動であると同時に、高知県の産業のために必要な活動だと考えております。


○⼦供たちの未来のため

現実の問題として、⼦供たちは家庭環境や地理的制約により、本⼈の意思とは関係なく未来を制限されることがあります。こうした制約に左右されず世界にはばたける⼦供たちを増やしていきます。


○⾼知県産業の未来のため

Ryomafrogsの活動は単なる⼈財育成の活動にとどまらず、この活動に関わる企業や団体の連携を強め、未来志向の⾵⼟を醸成していきます。


始まりは、沖縄から


2008年にスタートした「Ryukyufrogs」は、10日間の米国シリコンバレー派遣を中心に、約半年間の高度な研修プログラムを実施するハイブリッドイノベーター型人財育成プログラムです。「沖縄の持続的かつ発展的な経済自立の実現のために、世界と沖縄をつなぐグローカル志向の若手イノベーター人財を発掘・育成する」という理念のもと、過去10年で沖縄に住む中学生から大学生83名を送り出しています。


社会課題と向き合いながら、『◯◯ × テクノロジー』をテーマに、学生視点でビジネスを創造します。一人でも多くの若者が沖縄という「枠」にとらわれた「井の中の蛙」から脱却し、世界という「大海」で通用する未来人財として磨きをかけ「次世代リーダー」としての志とともに成長することを目指しています。


実行委員会メンバー


私たちRyomafrogs実行委員会は、Ryomafrogsの活動を通じて、地域の子供たちの未来をより良いものにし、地域経済の持続的な発展を実現したいという共通の想いを持つメンバーで構成されています。所属組織やバックグラウンドの異なるメンバーによる非営利・有志活動として、プロジェクトを推進しています。


【実行委員会メンバー】

宇都宮 竜司 実行委員長(株式会社アルファドライブ高知 代表取締役社長)

渡邊 基文 発起人(株式会社シティネット 代表取締役社長)

松浦 潤 実行副委員長(株式会社リョウマまちづくり研究所 取締役副社長)

高橋 寿明(ニッポン高度紙工業株式会社 管理部長)

楠瀬 まどか(株式会社SKK 採用・広報担当 / まんまる高知 共同代表)

澤田 博睦(高知県人事委員会事務局長)

野崎 浩平(土佐塾中学・高等学校 教諭 / 会いに行けるセンセイ)

武市 理佐(高知県立大学職員)


今後のスケジュール


第1期Ryomafrogsは以下のスケジュールでの実施を予定しております。


【2021年4月:参加者募集開始】

第1期Ryomafrogsの募集を開始します。プログラム紹介イベントも開催します。


【2021年5月:説明会】

⾼校⽣・⼤学⽣を対象に、説明会兼地域課題解決ワークショップを開催します。


【2021年5月:選考会】

グループディスカッション・宿泊型選考を⾏い、5名程度の選抜⽣を決定します。


【2021年8〜9月:グローバル研修】

毎週末、世界各地で活躍する起業家の講演を聞き、参加者⾃⾝の解決したい社会課題を明確にし、解決策を検討します。


【2021年10月〜11月:Pitch Revie Day /サービス開発合宿】

Pitch Review Day(中間報告会)と課題解決アイデアのブラッシュアップのための合宿を実施します。11⽉からは英語プレゼンの練習を開始します。


【2021年12月:LEAP DAY】

半年間の研修の学びと検討してきた課題解決アイデアを発表します。


【2021年1月以降:Leapfrog研修】

選抜生の中から選ばれたチームや人のみ、海外や日本の先進地に約1週間派遣し、一流の起業家や投資家、エンジニアの方々との交流やパネルディスカッション、サービスプレゼンテーションを行います。Leapfrogの名の通り、段階的な成長ではなく、短期間で飛躍的な成長を遂げることが目的の研修です。


運営予算について


Ryomafrogsの活動予算は、本活動を応援してくださる企業・団体様、個人の方の協賛を募ることで確保する想定です。現在、予算目標を1,000万円に設定し、企業・団体様へのご協賛依頼をさせていただいております。


お問い合わせ先


本件についてのお問い合わせは以下にお願いいたします。


Ryomafrogs実行委員会 運営事務局

ryomafrogs@gmail.com


参考情報


Ryomafrogsホームページ

Ryukyufrogsホームページ